募集終了 株式会社地元カンパニー

地域の社会課題をわかりやすく発信するWEBメディアづくり

zimoto

インターン生のミッション

貧困、介護、空き家等の地域の社会課題に実際に触れて記事にします。
地域の社会課題そのものを、地域の社会課題に挑んでいる人や企業を、地域の社会課題の解決の糸口を、わかりやすく発信してもらいたい。

プロジェクト概要

東京にいる時と違い、戻ってきた地元は、実際の姿をより鮮明に見せてくれます。貧困、介護、増える医療費、担い手不足、空き家など多くの地域の社会課題を目の当たりにします。一方、限られたリソースを最大限駆使し、その社会課題に立ち向かっている人たちも目の当たりにします。その課題にまずは飛び込んで体を張って体感します。そしてそれを記事にします。単に自分で感じるのではなく、感じたことを社会に向けて発信します。

誰に向けて発信するかといえば、それは「地域の若者」と「地域の企業」にむけてです。WEBメディア「SALMON1000」を使ってわかりやすく発信していきます。若者にたいしては人生を賭す社会課題と出会ってもらうために、企業には社会課題をビジネスで解決してもらうためにです。地域の社会課題をスピーディーに解決するには、地域の企業の経営者と若者を「求人」として協力体制を構築することが必要です。

1人につき1つの社会課題をテーマにし、実態を調査し、困っている人や課題を解決しようと奮闘している人を取材していきます。それをわかりやすい記事にしてWEBメディアによって伝えます。メディアという立ち位置なので、「社会課題の提示」「解決の糸口の提示」までをゴールとします。社会課題の解決を実践するのであれば、また別のステージで行います。文章の上手さが必要なわけではありませんし、文章が上手になるわけではありません。現状を分析する能力や、設定したゴールに対して何が足りないかを見出し伝える能力が養われるのはもちろんのこと、「あなたはどんな社会を良しとするのか?」という答えがない問いに正面からぶつかっていくプロジェクトです。

地域の社会課題は、結局のところ困りごとの集合体です。地域の社会課題を解きほぐしていけば、きっと1つ1つは解決できるんだと思います。1つ1つの解決に共通する行為があれば、それを束にすれば、そこがビジネスになるのだと思います。兎にも角にも困っている目の前の人を助けることに集中することこそが一番の近道だと思っています。

募集概要

仕事内容 地域の社会課題をとりまく環境をわかりやすく発信
仕事内容詳細 貧困、増える医療費、介護、空き家など地域の社会課題から1つのテーマを選び、体当たりで体験して記事にします。
対象者 自分が将来何をすべきかを決めたい人
困難な状況を楽しみたい人
自分の限界を突破してみたい人
事前課題 興味のある社会課題を3つリストアップし、できる限り調査してくる。
期間 2ヶ月以上
勤務条件 住居あり、活動にあたる交通費支給
勤務地 長野県上田市
活動支援金 3万円+お米
受け入れ企業紹介
株式会社地元カンパニー

地元をよくする事業をどんどんやっていきます。代表児玉の地元でやった事業(なかば実験的に)をどんどん全国に広げていこうと思ってます。が、広げていくのは児玉ではなく、自分の地元をよくしようとしている別の人です。

「地域産品のカタログギフト」「◯◯若者1000人会議」「Uターンの促進(鮭活)」ときましたが、それらも踏まえつつ、地域の社会課題を、地域の企業と一緒に解決していくことをメディアという立ち位置でやっていきたいと考えています。

経営者からのメッセージ
代表者:児玉光史

「困っている人を助けること」が仕事の根幹だと思ってます。世の中には困っている人がいっぱいいます。

どんなことで困っている人を助けたいのか

誰から助けるのか

何人助けるのか

などなどの問いに真摯に答えようとすることが自分の仕事を決めることだと思っています。

そして

困っている人を助けること

継続的な事業にすること

その両立を実現するのが、チャレンジャブルで楽しいです。

株式会社地元カンパニー マップ

信州インターンエントリー方法

エントリーはこちら